タイの雨季はいつ?旅行や観光におすすめのシーズンは?

「タイの雨季はいつですか?」とよく質問されます。バンコクはもとよりタイが初めてという旅行者は、どれくらい雨が降るものなのか、すごく気になると思います。また、シーズンによって航空券の値段が全く違いますから、観光や旅行に最適なシーズンについてもよく聞かれますね。

というわけで、今回はタイの旅行シーズンについてまとめてみました!

 

タイのシーズン(季節)は3種類

下の表のように、年間を通してタイのシーズン(季節)は「乾期」「暑期」「雨季」の3つしかありません。

 

気候(シーズン) 体感
乾期(11月〜2月) 快適で過ごしやすい
暑期(3月〜5月上旬) かなり暑い
雨季(5月下旬〜10月) 雨が多い

乾期と言われる「快適で過ごしやすい」期間が11月〜2月の4ヶ月。「かなり暑い」日が続く暑期は3月〜5月上旬に2ヶ月半。そして、「雨が多い」時期の雨季が5月下旬〜10月の5ヶ月半です。

こう見ると、雨季が5ヶ月半と最も長いことが分かりますね。さすが熱帯気候に属する東南アジアです。乾期と暑期にも雨が降ることはありますが、ほとんどずっと晴れているような気候です。

 

雨季のバンコク

バンコクをはじめタイの雨季の期間が1年で最も長い(約5ヶ月半)ですから、まずはタイの雨季についてご説明します。

タイの雨季は降水量が最も多くなる時期ではありますが、タイの雨はザーッと降ってサッと止む、いわゆるスコール型の雨ですので、あまり心配する必要はありません。

雨が降ってから止むまでの時間は、約30分から長いときで1〜2時間程度です。

ですからバンコクでは雨が降ったら、ほとんどのタイ人がカフェ(デパート)の軒下などで雨宿りをし、雨が止んだらまた歩き出すという微笑ましい光景をよく目にしますね。

もし心配な場合は、日本から事前に折りたたみ傘などを購入しておくことをおすすめします(※タイでは販売している傘をあまり見かけません)。

なお、バンコク旅行の持ち物については下の記事もあわせてご参考にされてください。

 

暑期はどのくらい暑い?

雨季の次に聞かれることが多いシーズン(季節)は「乾期」で、特に「乾期がどれくらい暑いか?」はよく聞かれます。

タイの乾期は日本の夏と似ています。つまりカラッとした暑さですね。

雨が降らない分、ジメッとした感じはありません。ただし、日本で言う8月のちょうどお盆あたりのかなり暑い日が毎日2ヶ月半続きますから、暑さに慣れていな方には堪えるかもしれません。

その頃にバンコク旅行を考えている方は、必ず水分を多く取って無理をしない観光をおすすめします。

 

おすすめは乾期

最もバンコク旅行(観光)に適したシーズンは、快適で過ごしやすい「乾期」です。11月〜2月のこの4ヶ月間は日中も他の時期からすると涼しいですから、観光目的でバンコクに訪れるならばおすすめです。

夜や朝方は逆に少し冷え込むくらいですから、1枚羽織るものを持っておくとよいかもしれません。

ただし、乾期ちょうど年末年始もあり、その前後は航空券やホテル代金が高くなります。また、2月も旧正月のため航空券代金は高くなる傾向になります。そのため狙い目は、11月から12月上旬まででしょうか。

ご自分の予定と相談されて、ぜひ快適なバンコク旅行をお楽しみください(※次の項以降で、航空券代金の目安や安く予約する方法を記載しています)。

 

タイ旅行好きにおすすめ
海外旅行保険,エポスカード,クレジットカード

航空券とホテルの料金目安(シーズン別)

ここからは、タイ(バンコク)のシーズン別に目安となる航空券とホテル代についてまとめてみました。オンシーズンとオフシーズンで料金がかなり異なりますので、シーズンとご自分の予算とをぜひ照らし合わせてみてください。

航空券はエコノミークラスを対象として比較し、ホテルは5つ星と3つ星を対象として比較しています(※なお航空券は、搭乗する空港(東京発・福岡発など)や購入する航空会社によって目安の料金は大きく異なります)

 

   オンシーズン オフシーズン 
 航空券(エコノミー) ・一般航空券(タイ航空など):10万円前後
・格安航空券(LCC):5万円前後
・一般航空券(タイ航空など):7万円前後
・格安航空券(LCC):4万円前後
ホテル  ・5つ星ホテル:2万5,000円前後
・3つ星ホテル:1万円前後
・5つ星ホテル:2万円前後
・3つ星ホテル:7,000円前後

あくまでも私のバンコク旅行経験に基づいた目安ですが、各シーズンでこの料金あたりで予約できそうでしたら即購入してよいかと思います。

特にタイ航空などLCC(格安航空)以外の航空券は、オンシーズンとオフシーズンで3万円以上も変わることがよくありますので、しっかりと注意する必要がありますね。

なお、ホテルに関しましては、目安として一応の価格帯を表記していますが、ホテル予約サイトによっても料金は大きく異なります。

下でも詳しく書きますが、私がホテルを予約するときは必ず「Agoda」というホテル予約サイトを活用しています。

 

最も旅費が高いシーズンは?

タイ・バンコクへの旅費(航空券とホテル代)が最も高いシーズンは、やはりニューイヤー前後・ゴールデンウィーク前後・お盆休み(夏休みも含む)です。

この辺りのシーズンは、どこに旅行に行っても高くなる傾向にありますね。

 

最も旅費が安いシーズンは?

逆にバンコク旅行を最も安く抑えられるシーズン(オフシーズン)は、3月・6月・10月・11月ごろです。

ただし、この時期でも週末や休日などは航空券が高い場合もありますので、その辺もしっかりと確認する必要がありますね。可能であれば、オフシーズンの平日出発が狙い目です。

 

バンコクの大人気ホテル

1番安く航空券とホテルを予約する方法

最後にバンコク行きの航空券と、タイ現地のホテルを1番安く予約する方法についてご紹介します。

私は主にバンコクに旅行と出張で年10回以上は訪れています。その経験上、航空券とホテルは別々に予約した方が圧倒的に安いという結論にいたりました。

ただしタイ旅行や、そもそも海外旅行が初心者という方は、別々での予約は少し難易度が高いですから、「Expedia」の航空券+ホテルツアーなどを活用するとよいかもしれません。

詳しくは下の記事もあわせてご確認ください。

 

航空券が最も安い予約サイト

バンコク行きの航空券を最も安く予約するには、インターネットから予約するのが1番です。

私は旅行ポイントも貯まる「Expedia」とスマホでの予約がしやすい「Surprice」をいつも活用しています。これらの予約サイトを使えば、旅行代理店からの購入と違い手数料もかかりません。

また、予約サイトの多くが最低価格保証を掲げているため、万が一、他社より高い場合は返金や、さらに安い航空券への変更などにも対応してくれます。

航空券の金額は予約サイトによって大きく異なりますので、両サイトを見比べて購入することをおすすめします。

 

ホテルが最も安い予約サイト

バンコクのホテル予約も、やはりインターネットから予約するのが最も安いです。

ただ、ホテル予約も無数にあるため、かなり迷うかもしれません。私はいろいろなホテル予約サイトを試してみましたが、総合的に見て「Agoda」というサイトが1番安いです。

このAgodaというサイトは、もともとタイ(プーケット)でスタートした会社ですから、バンコクをはじめタイとその周辺国への力の入れ方が違います。

また、リワードというAgoda独自の旅行ポイントは還元率がかなり高いですから、ホテル予約の際に必ずAgodaを使えば、年間でかなりの割引率になりますね。

ちなみに主なホテル予約サイト(AgodaExpediaHotelsBooking)の中で、バンコクのホテル掲載数が1番多いのもAgoda(3,153軒)です。

 

まとめ

タイのシーズンは「乾期」「暑期」「雨季」の3つあり、最も過ごしやすいシーズンは11月〜2月の乾期である。ただし、この時期はバンコク行きの航空券とタイ現地のホテル代金も高くなるため、インターネットから予約すると安く予約できる。航空券を最も安く予約できるサイトは「Surprice」がおすすめで、ホテルを最も安く予約できるサイトは「Agoda」がおすすめ。

Next ➨:タイの豆知識記事一覧

エポスカードを使ってバンコク病院でキャッシュレス診断をしてもらいました: ← Pick Up!

ホテル予約サイトでバンコクの人気ホテルを確認!


↓バンコク旅行が初めての方にも分かりやすく、旅行準備・格安航空券・大人気ホテル・観光名所・おすすめレストランなどを詳しくまとめています。

※下の赤いボタンをクリックして、「バンコク旅行情報」を今すぐ確認!