MRT(地下鉄)の乗り方と主要駅の観光情報まとめ

タイのバンコクで移動するのに、大変便利な乗り物の1つがMRT(地下鉄)です。MRTを使えばバンコク市内を自由に移動でき、また渋滞知らずですから時間の節約にもなります。なお、MRTはリアルなタイを楽しめる駅(エリア)が多いのも特徴の1つですね。

とういうわけで、MRTのの乗り方と主要駅の観光情報をまとめてみました!

 

バンコクの路線図

下の地図(マップ)は、バンコクに走っている全電車(BTS・MRT・エアポートリンク)の路線を表しています。バンコクは日々発展しており、この路線図は2017年3月現在のものです。

今回は、「MRT(地下鉄)」の乗り方と主要駅の観光情報をご紹介しますね。なお、エアポートリンク(空港線)とBTS(高架鉄道)については、下の記事もあわせてご参考にされてください。

※各記事では、特にバンコク旅行が初めての方を対象に、エアポートリンクとMRTの乗り方および主要駅の観光情報を詳しく記載しています。

 

MRT(地下鉄)

出典:https://upload.wikimedia.org/

バンコクのMRTとは、日本でもあるような一般的な「地下鉄」のことを指します。余談ですが、このMRTの路線は日本のODAと日系企業の援助協力によって建設されたようですね。

さて、MRTの現在の路線は1路線で、地図上の青線がMRTの路線です。それ以外の路線はBTS(濃緑・黄緑)と、エアポートリンク(赤)ですので割愛します。

 

MRT(地下鉄)線:青

※ちなみに、MRTがBTS(高架鉄道)とリンクする駅は2駅のみで、それぞれ「チャトゥチャックパーク駅」と「スクンビット駅」です。なお、エアポートリンクとは「ペチャブリー駅」でリンクしてはいますが、駅同士は若干離れています(歩ける距離です)。

 

MRTの主要駅

バンコクに走っているMRTは以前と比べて、路線が延長されたことによって今ではバンコク市民の足と言えます(路線はどんどん伸びています)。

当然、私たち旅行者もMRTを使えば渋滞知らずで多くの観光地に行けますからおすすめですね。ただし、MRTは観光客向けのBTSと違い、どちらかと言えば観光地よりも、バンコク市民の密集エリアを繋げた路線です。

そのためMRTは、リアルなタイを楽しめる駅(エリア)が多いことが特徴ですね。

そんなMRT路線から今回は、主要駅を3つピックアップしてみました。下のエリア名をクリックすると、各駅の観光情報をすぐに見ることができます。

なお「MRTの乗り方」を知りたい方は、そのまま当記事を読み進めてください(次の項で書いています)。

 

<MRT(地下鉄)線>

フワランポーン駅:国鉄&観光

ホイクワン(スティサン)駅:夜遊び

クロントゥーイ駅:ローカル市場

 

タイ旅行好きにおすすめ
海外旅行保険,エポスカード,クレジットカード

MRTの乗り方

続いては、MRTの乗り方をバンコク初心者でも分かりやすくご紹介します。MRTは下のように、現在2つの乗車券(チケット)を販売しています。

 

  1. 通常のチケット
  2. ICカード(Suicaのような乗車カード)
  3. 1日・3日・30日乗車券(乗り放題)

 

①通常のチケット(1回きり)

まずはじめに、通常のチケットの購入方法&使い方についてご説明します。このチケットは単発(1回きり)乗車用ですので、日に何度も乗らない方におすすめです。

チケットと言っても、上の写真のようにコイン型になっていて少し変わっていますね。

 

では、実際に通常チケットを購入してみましょう。1枚目の写真はMRTのチケット発券機ですが、ちゃんと紙幣の投入口があります(BTSはコインのみ)。

ちなみに各駅までの料金は、2枚目の写真のような料金早見表が発券機の横にありますので、そちらで確認することができます(発券機でも料金は確認できます)。

 

下の1枚目の写真のように、発券機の画面には各駅の名前が記載されています。なお、最初の画面はタイ語表記ですので、右上の「English」ボタンを押して英語表記に変更しましょう。

目的駅が見つかったら、駅名の横の「M」のボタンを押します。2枚目の写真のように駅名の横の「M」のマークが赤くなれば、右下に料金表記が現れます。

 

ここではじめて料金を投入します(下の写真)。上でも書きましたが、BTSと違ってMRTの発券機は紙幣とコインのどちらでも投入可能です。下で写真とともに改めてご説明しますが、当然お釣りもちゃんと出ます。

なお、発券機に投入できるお札は最大100バーツまでです(1,000バーツしか持っていない場合は、近くの窓口で両替してもらってください)

 

紙幣またはコインを運賃分入れたら、下の写真のように取り出し口から、例の丸いコイン型の変わったMRTのチケットとお釣りがが出てきます。

なお、お釣りコインのみです。私はこのとき、21バーツの運賃に対して100バーツ紙幣を入れたため、かなりの枚数のコインが返ってきました。

 

MRTのコイン型チケットを購入したら、さっそくMRTに乗ってみましょう。乗車時と降車時では、やり方が少し異なります。

1枚目の写真のように、乗車時はコイン型のチケットを改札にかざすと開くようになっています。一方、降車時は、2枚目の写真のようにコイン型のチケットを投入してはじめて改札が開きます。

よく降車時にどうしたらよいか分からないで、あたふたしている旅行者を見かけますので、どうぞお気を付けください。

以上が、通常タイプのMRTチケットの購入方法&使い方です。

ほとんどの旅行者がこのコイン型チケットを購入されるかと思いますが、MRT各駅の発券機はよく混雑していますので、時間には少し余裕を持って移動された方がよいかもしれません。

 

②ICカード(長期旅行者・リピーター向け

次は日本のSuicaのような乗車カードである「MRT ICカード」の購入方法&使い方をご紹介します。このICカードは基本的にずっと使えますので、主に長期旅行者やバンコクに何度も行くリピーターにおすすめです。

ICカードは、各MRT駅の窓口で購入することができます。

 

MRT ICカードの料金:180バーツ(初回のみ)

※なお180バーツのうち、発行手数料:30バーツ/運賃チャージ:100バーツです/一時預かり金:50バーツです(つまりMRTの運賃として使えるのは100バーツ)。

 

最初にチャージされている100バーツを使い切ってしまった場合は、同じように窓口で何度でもチャージが可能です。再チャージは最低100バーツからですが、チャージ残高は最大2,000バーツまでのようです。

大人用のラビットカードは写真のようにブルーですが、他にもピンク(タイ人学生用)やグリーン(子どものタイ人用)またはイエロー(60歳以上のタイ人用)とあります。ただし、当然ですが私たち日本人旅行者は基本的にブルー(大人用)のみ購入可能です。

 

さて、次に乗車方法をご紹介します。

下の写真のようにICカードを改札に当てて使用します。改札にICカードを当てると、「ピッ」という音とともに改札が開くようになっていて、これは日本のSuicaと同じような仕組みですね。

MRTを降りる際も、同じように改札にICカードを当てると改札が開きます。

以上が、ICカードの購入方法&使い方です。私も年10回以上はバンコクに旅行と出張で行きますので、主にこのICカードを使っています。

 

③1日・3日・30日乗車券(乗り放題)

最後に1日・3日・30日乗車券についてご紹介します。

この乗車券は、つまりMRTが指定の期間乗り放題のチケットです。旅行者には手軽な1日乗車券(乗り放題)が人気のようですね。

 

MRT 1日乗車券の料金:120バーツ

※3日乗車券:230バーツ(短期旅行者向け)/30日乗車券:1,400バーツ(長期旅行者向け)

 

1日および3日乗車券(乗り放題)は、主に短期旅行者におすすめです。

30日乗車券(乗り放題)は主に1ヶ月滞在する長期旅行者におすすめですが、30日乗り放題で1,400バーツ程度とお安いですので、たとえ数週間の滞在でもMRTを頻繁に使う旅行者は30日乗車券を買った方が安上がりの場合もあります。

1日・3日・30日乗車券ともに、ICカードと同じようにMRT各駅の窓口で購入可能です。使い方もICカードと同じように、乗車時と降車時ともに改札にかざすタイプです。

以上が、1日・3日・30日乗車券(乗り放題)の購入方法&使い方です。

 

バンコクの大人気ホテル

MRT(地下鉄)線

ここからは、MRT(地下鉄)線の3つの主要駅とその観光地をご紹介します。

MRTはどちらかと言えば観光地よりも、バンコク市民の密集エリアを繋げた路線のため、MRTにはリアルなタイを楽しめる駅(エリア)が多いことが特徴ですね(一方、BTSは観光客向け)。

今回はそんなMRT線から、3駅(フワランポーン駅・ホイクワン/スティサン駅・クロントゥーイ駅)をピックアップしてみました。

どの駅も独自の特徴をもったエリアが広がっていますから、時間を見つけてぜひ行かれてみてくださいね。

 

フワランポーン駅:国鉄&観光

 

ホイクワン(スティサン)駅:夜遊び

(※写真は準備中です)

 

クロントゥーイ駅 :ローカル市場

(※写真は準備中です)

 

まとめ

バンコクのMRTは、一般的な地下鉄のことを指す。乗車券は「通常チケット」「ICカード(Suicaのようなもの)」「1日・3日・30日乗車券(乗り放題)」の3つである。短期旅行者には通常チケットか1日または3日乗車券がおすすめで、長期旅行者あるいはリピーターにはICカードもしくは30日乗車券がおすすめである。

Next ➨:新着記事

おすすめのタイバーツ両替方法を最もレートがお得な順に紹介します: ← Pick Up!

ホテル予約サイトでバンコクの人気ホテルを確認!


↓バンコク旅行が初めての方にも分かりやすく、旅行準備・格安航空券・大人気ホテル・観光名所・おすすめレストランなどを詳しくまとめています。

※下の赤いボタンをクリックして、「バンコク旅行情報」を今すぐ確認!