バンコク旅行のお土産を買うならMBKとジムトンプソンの家!行き方は?

バンコク旅行好きに有名なデパートのMBKと、同じくファンの多いジムトンプソンの家。この2つに共通するのは、どちらもタイのお土産を買える場所であるという点です。また、最寄り駅が同じという点も嬉しいですよね。最終日に1日で両方を周ることができます。

というわけで、MBKとジムトンプソンの家への行き方を書いてみました!

 

最寄り駅はBTSナショナルスタジアム駅

タイのお土産やスマホ・カメラなどの電子機器をバンコクで購入するなら「MBK(マーブンクローン)」へ行けば最も効率的です。また、タイシルクのお土産を買いたいならば「ジムトンプソンの家」が有名ですね。

どちらもバンコク旅行のガイドブックには必ず掲載されているほど、日本人旅行者にも人気が高いバンコクのショッピング施設の1つです。

この両方の施設を当記事でまとめて記載している理由は、どちらも最寄り駅はBTSナショナルスタジアム駅ですね(BTSとは、バンコク市内を走る高架鉄道です)。

 

BTSナショナルスタジアム駅はBTSシーロム線の終着駅です。そのため、シーロム方面から向かう場合は乗り換え不要です。逆にスクンビット(アソーク・ナナ方面)から向かう場合はBTSサイアム駅で乗り換える必要があります。

バンコクが初めてという方は、下の記事でBTSの乗り方と主要駅の観光情報を詳しく書いていますので、あわせてご参考にされてください。

 

次にBTSナショナルスタジアム駅から「MBKへの行き方」と、「ジムトンプソンの家への行き方」を順番にご紹介します。

MBKへの行き方とショッピング情報を書いたあとに、ジムトンプソンの家への行き方とショッピング情報を掲載しています(※ジムトンプソンの家に関する情報のみを知りたい方は、下の項目をクリックするとすぐに読むことができます)。

 

※MBKへの行き方とショッピング情報を知りたい方は、そのまま当記事を読み進めてください。

 

タイ旅行好きにおすすめ
海外旅行保険,エポスカード,クレジットカード

MBK(マーブンクローン)への行き方

まず初めに、バンコク初心者の方でも自力で行けるように、「MBKへの行き方」をご説明します。

MBKは上でも書いたように、最寄り駅はBTSナショナルスタジアム駅です。BTSナショナルスタジアム駅のとなりにMBKは位置していますので、駅まで来てしまえば見える範囲にあります。

ですが、念のためBTSナショナルスタジアム駅到着からMBKまでのルートをご紹介しますね。

 

なおタクシーでMBKへ行かれる場合は、下のタイ語表記をホテルのスタッフやタクシードライバーに提示されてご活用ください。

タイ語表記:มาบุญครอง

住所:Phayathai Rd, Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Bangkok 10330

 

BTSナショナルスタジアム駅に到着したら1枚目の写真のように「4番出口(Exit. ④)」を目指してください。ただし、右には曲がらずに矢印の方向に真っ直ぐ進みます

ちなみに、右に曲がったところにあるのは東急デパートの入口です。東急デパートとMBKは施設内で繋がっていますが、繋がっている場所が分かりにくいため、下のようにMBKの入口から入ることをおすすめします。

 

真っ直ぐ進むと、2枚目の写真のような連結口がありますので、その階段を進むとMBKの入口です。

※連結口からのルートは、MBKの2階に繋がっています(MBK施設内の各階層におけるショッピング情報は、下で詳しく書いています)。

 

MBKのショッピング情報

MBKは正式名称を「マーブンクローン」と言いますが、日本人旅行者の間ではMBKとかMBKセンターの愛称で親しまれていますね。

地上8階建ての建物内にはお土産売り場や電子機器ショップあるいはレストランに映画館など、実に多種多様なテナントが点在しています。私もバンコクでスマホを買うときなどは、必ずこのMBKに訪れます。

かなり大きなデパートですから、フロアごとに売っている商品やアイテムが違います(ただし、明確には分けれれていない)。

 

MBKのフロア別アイテム

かなりざっくりですが、MBKのフロア(階層)ごとにカテゴライズしてみました。MBKでお目当てのアイテムがある場合は、ぜひ参考にされてください。

 

  1. 階:雑貨・ファッションなど
  2. 階:雑貨・ファッション・レストランなど(MBK入口・BTS駅との連結口)
  3. 階:雑貨・ファッション・DVDなど
  4. 階:スマホ・SIMカード・電子機器など
  5. 階:家具・インテリアなど
  6. 階:お土産・アジアン雑貨・洋服など
  7. 階:レストラン・映画館など

 

全体的に雑貨やファッションのお店が多いです。そういったお店の中には、安物の時計やコスメ用品・サプリなどを取り扱っているお店もありますね。

また、タイ人が大好きな貴金属のお店もよく見かけます。

 

4階:スマホ・電子機器フロア

私がMBKのフロアで最も大好きなのが、4階のスマホ・電子機器フロアです。

4階にはiPhoneをはじめGalaxyやXperiaなどのスマートフォンや、タイのSIMカードなどを取り扱う店舗が所狭しと並んでいます。私は普段はいつもiPhoneですが、Androidスマホも持っていますがここMBKの4階でSIMフリー版を購入しました。

最近また気になるAndoridスマホが発売されたので、近々、新調しにMBKを再度訪れる予定です。

 

6階:アジアン雑貨・洋服フロア

初めてのバンコクへ行かれる方に最もおすすめしたいのが、6階のアジアン雑貨・洋服フロアです。

6階はタイの伝統工芸品や雑貨などのお土産や、Tシャツなど比較的おしゃれな洋服などが売られています。ご家族やお友だちへバンコク旅行のお土産を買うのに、かなりおすすめのフロアですね。

私もよくここで少し変わったTシャツを購入して楽しんでいます。

 

7階:レストラン・映画館

MBKでランチや夕食を食べるなら、7階のレストランフロアがおすすめです。

ここにはタイ料理レストランをはじめ、日本食レストランの「Yayoi」や「Pizza Hut」などもありますね。また、映画館もありますので、バンコクリピーターの方は、タイで映画を見てみるのも面白いかもしれません(ただし、日本語字幕なし)。

MBKはショッピングだけじゃなく、レストランもありますから1日中楽しめる施設です。

 

バンコクの大人気ホテル

ジムトンプソンの家への行き方

つづいては、「ジムトンプソンの家への行き方」をご紹介します。ジムトンプソンの家も日本人旅行者に人気な観光地の1つですね。ジムトンプソンの家ではタイシルク製品をお土産として購入することができます。

ジムトンプソンの家もMBKと同様に、最寄り駅はBTSナショナルスタジアム駅です。BTSナショナルスタジアム駅からジムトンプソンの家はそう遠くなく、徒歩でも十分行ける距離です。

バンコク初心者でも分かりやすく、写真とともにジムトンプソンの家へ行く方法をご紹介しますね。

 

なおタクシーでMBKへ行かれる場合は、下のタイ語表記をホテルのスタッフやタクシードライバーに提示されてご活用ください。

タイ語表記:พิพิธภัณฑ์บ้านจิมทอมสัน

住所: Rama I Rd, Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Bangkok 10330

 

BTSナショナルスタジアム駅に到着したら1枚目の写真のように「1番出口(Exit. ①)」を目指し、2枚目の写真のように進みます。

ジムトンプソンの家は逆方向ですが上りエスカレーターですので、一時的に右へ真っ直ぐ進むことになりますね。

 

すると階段がありますので、1枚目の写真のように下まで降ります。階段を降りると、2枚目の写真のように進行方向とは逆方向(階段とは反対方向)へ進みます。

ジムトンプソンの家はBTSナショナルスタジアム駅から徒歩5〜10分程度ですので、ぜひ散歩がてら歩いてみてください。

 

下の写真のように、右側には「ibis Siam(アイビス・サイアム)」というホテルが見えてきますので、そのままアイビスサイアムホテルを右手にして真っ直ぐ進みます。

ちなみに、アイビスサイアムホテルは立地もよく価格帯もお手頃なため、日本人旅行者にも人気が高いホテルです。

アイビスサイアムホテルから真っ直ぐ進むとすぐに、下の写真のような看板とともに右に伸びる小さな路地が見えてきますので、右に曲がり真っ直ぐ路地を進んでください。

 

ちなみに、この小さな路地を「Soi Kasem San 2(2枚目の写真)」と呼びます。

 

Soi Kasem San 2をしばらく歩くと(だいたい1〜2分)、左手に下の写真のような「ジムトンプソンの家」の入口が見えてきます。

お疲れ様でした。あとは思う存分、ショッピングをお楽しみください!

ジムトンプソンの家は、主に欧米人のファンまたは観光客が目立ちますが、日本人旅行者もちらほらと見かけました。

私もジムトンプソンのタイシルク製品は大好きです。

 

ショッピング情報(ジムトンプソンの家)

ジムトンプソンの家は、タイシルクで財を成した「ジムトンプソン氏」が謎の疾走を遂げる直前まで済んでいた正真正銘の自宅です。現在は、トンプソン氏がタイ全土や隣国(ミャンマー・ラオス・カンボジアなど)で集めてきた装飾品や美術品が展示されています。

また、タイシルクショップ「ジムトンプソン」本店としても有名で、日本人旅行者をはじめ世界中からタイシルク製品を目当てに連日旅行者が訪れています(※タイシルクショップでの買い物だけなら入場料金不要です)。

もちろんジムトンプソン系列店舗はバンコク市内にたくさんありますが、やはり本店「ジムトンプソンの家」が1番おすすめですね。

私もバンコクに来た際は、よく会社のお得意様へのお土産としてジムトンプソンのタイシルクを購入して帰ります。

 

ジムトンプソンの家を見学してみよう!

下の写真はジムトンプソンの家への入口を入ってすぐのところです。少し先に行くとチケット売り場がありますので、ジムトンプソンの家を見学される場合は入場チケットを購入します。

 

ジムトンプソンの家への入場料:150バーツ

※22歳以下は100バーツですが、年齢を証明するパスポートなどの提示が必要です。また、タイシルクショップでの買い物のみなら入場料不要。

 

なお1枚目の写真に写っているトゥクトゥク(三輪車)は、BTSナショナルスタジアム駅のある大通りまで送迎してくれるシャトルサービスです。

ジムトンプソンの家のチケットを買うと、ジムトンプソン氏の解説が書かれた紙(日本語あり)をもらうことができます。この解説は日本語・タイ語・英語・中国語の4ヶ国語から選ぶことが可能です。

また、日本語ガイドツアーがだいたい1時間に1度くらいの頻度でも行われていますので、それに参加されてみるのもよいかもしれません(入場料に含まれています)。

それ以外の時間帯は英語と中国語のツアーのようでした。

 

ジムトンプソンの家では、トンプソン氏がタイ全土や近隣諸国から集めた数々の装飾品や美術品を見学することができます。また、トンプソン氏自身が住んでいた自宅というのも大変興味深いですね。

当記事ではあえて内部の写真は掲載していませんので、ぜひバンコク旅行で実際にご自身で行かれてみてください。

 

まとめ

バンコクのMBKとジムトンプソンの家は、両方ともに最寄り駅は「BTSナショナルスタジアム駅」である。MBKは4番出口(Exit. ④)で、ジムトンプソンの家は1番出口(Exit. ①)。MBKではアジアン雑貨・伝統工芸品やスマホなどの電子機器を購入できて、ジムトンプソンの家ではトンプソン氏の集めた装飾品や美術品を見学したり、タイシルク製品を購入できる。

Next ➨:ショッピングの記事一覧


高級デパートが建ち並ぶBTSサイアム駅周辺のショッピング情報まとめ
: ← Pick Up!

ホテル予約サイトでバンコクの人気ホテルを確認!


↓バンコク旅行が初めての方にも分かりやすく、旅行準備・格安航空券・大人気ホテル・観光名所・おすすめレストランなどを詳しくまとめています。

※下の赤いボタンをクリックして、「バンコク旅行情報」を今すぐ確認!