エポスカードを使ってバンコク病院でキャッシュレス診断をしてもらいました

海外旅行保険は今ではクレジットカードに自動付帯しています。中でも旅行者に大人気なのがエポスカードです。私はタイ旅行中に体調を壊してしまいましたので、バンコク病院にてキャッシュレス診断(医療費立替なし)をしてもらいました。

ということで、今回はエポスカードによるキャッシュレス診断の手順を記事にしてみました!

 

タイのバンコク病院へ行った理由

私は年10回ほど旅行と出張で、タイ・バンコクに行きます。出張ではバンコクがほとんどですが、個人旅行だとパタヤをはじめチェンマイやプーケットなどにも頻繁に行きますね。

2017年の年末年始は、パタヤで友だちとニューイヤーを過ごすことにしました。

いつものようにラン島行ったり、美味しいレストランでタイ料理を食べたりと楽しい毎日を送っていたのですが、大晦日前日の夜にかなりの腹痛と熱を出してしまったのです。

ほとんど歩ける状態ではなく、クラクラしながら友だちにタクシーに乗せられ、急いでパタヤのバンコク病院へ向かいました。

 

※エポスカードによるキャッシュレス診断の手順は下で詳しく書いています。急ぎの方は、「キャッシュレス診断の手順」をクリックしてお読みください。

 

結果的にはただの食あたりでしたので注射と点滴を打って安静にしたら治りましたが、バンコク病院は私立病院ですから医療費は高額です。

クレジットカードのキャッシュレス診断を適用させましたので、私が医療費を立て替える必要はありませんでしたが、こっそりと医療費の欄をのぞいてみたら、なんと3万バーツ(約10万円)近くにもなっていました。

これが2〜3日の入院という重い病気やケガであったらと思うと、医療費はいったいいくらになるのやら、想像もしたくありません・・。

海外でキャッシュレス診断を受けられるクレジットカードを持っていて本当によかったです。

 

お世話になったクレジットカード

私は、3年ほど前から旅行代理店の紹介する海外旅行保険への加入を止めました。

そして現在は海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードの「エポスカード」を活用しています(現在は、エポスゴールドカード)。年会費も無料ですから、毎回の海外旅行保険料を節約できますね。

多くの海外旅行好きが愛用しているエポスカードですが、申し込むメリットは下の5つです。

 

エポスカード,海外旅行保険,自動付帯,キャッシュレス,診断,おすすめ,クレジットカード

<エポスカード>

  1. タイ国内に緊急連絡先あり
  2. 年会費永年無料
  3. 海外旅行保険が自動付帯
  4. キャッシュレス診断可
  5. 補償額が大きい

 

特にタイ・バンコク旅行へいかれる方へこのクレジットカードをおすすめする理由が、エポスカードは「タイ国内の緊急連絡先」を準備しているところです。

私も今回、バンコク病院へ行く前に緊急連絡先へ電話を入れました。

エポスカードの引受保険会社は、大手「三井住友海上火災保険株式会社」ですので、対応も親切・丁寧で安心です。もちろん「キャッシュレス診断」でしたので、現金を立て替えることは一切ありませんでした。

年会費で海外旅行保険が自動付帯され、かつキャッシュレス診断ができるクレジットカードは、私の知る限りエポスカード以外に考えられません。

※海外旅行保険付きクレジットカードで注意してほしい「自動付帯と利用付帯の違い」や、「キャッシュレス診断」の詳細について知りたい方は、下の記事もあわせて参考にされてください。

 

バンコクの大人気ホテル

キャッシュレス診断までの手順

ここからは実際に私がエポスカードを活用して、キャッシュレス診断をしてもらうまでの流れをまとめてみました。

キャッシュレス診断を受けたい場合は、必ずエポスカードへの電話連絡が必要です(最初に建て替えておいて、後ほど医療費を請求する場合は電話連絡は必要ありません)。

流れとしては、下の3つになります。

 

  1. タイ国内の緊急連絡先へ電話
  2. キャッシュレス診断OKな病院を確認
  3. 病院へ行き受付で同意書に署名

 

①タイ国内の緊急連絡先へ電話

まずは、タイ国内の緊急連絡先へ電話を入れます。

タイ窓口:001-800-814-5147(日本人オペレーター)

※携帯電話の関係で、日本窓口を希望される場合:+81-18-888-8808

 

エポスカードのタイ窓口へ電話を入れると、下の5つの項目についてオペレーターより質問されます(対応オペレーターによっては、他のことも聞かれるかもしれません)。

この電話で強く確認されるのが、日本出国日から90日以内であるかどうかです(クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用期間は最大90日のため)。

電話での確認事項

・エポスカードのカード番号

・本人確認(生年月日、住所、電話番号)

・宿泊先

・症状(または事故の状況)

・日本出国日(必ず出国日から90日以内であること)

 

②キャッシュレス診断OKな病院を確認

オペレーターの質問事項に回答したら、次はキャッシュレス診断可能な病院を教えてもらってください。

もしくは、近くにある病院がキャッシュレス診断可能かどうかを確認と効率がよいかもしれません。キャッシュレス診断可能な病院は、だいたい大きくて目立ち、そして私立病院が多いです。

 

私は今回、下の写真のようなパタヤのバンコク病院へ行きました(私立病院)。

バンコク病院は、もちろんバンコクをはじめ、タイ全土にある超大型の私立病院です。医療水準も日本と同じくらい高いため、かなり安心して診断を受けることができました。

また、バンコク病院のような大きな私立病院ならば、日本人あるいは日本語対応スタッフが常駐しています。そのためご自身が、タイ語や英語が喋られなくても問題ありません。

 

③病院へ行き受付で同意書に署名

タイ窓口のオペレーターからキャッシュレス診断可能な病院を確認したら、タクシーなどの交通機関で指定の病院へ向かいます。

エポスカードの海外旅行保険なら、実はこのときの交通費も後ほど請求できます(ただし、領収証が必要ですが、タイでの移動時に領収証をもらうことは実質難しいです)。

指定された病院に到着したら、受付に行き海外旅行保険を使ってキャッシュレス診断を受ける旨を伝えてください。このとき既にエポスカード側から病院へは話が通っているためスムーズです。

また必要な場合は、特に医療行為を受けますから、英語やタイ語に不安がある場合は、必ず日本語通訳を呼んできてもらうことをおすすめします。

 

なお、指定病院では必ず下の2点の提出が必要です。

病院の受付で必ず提出するモノ

・エポスカード

・パスポート

 

特にパスポートは急いでいて忘れることが多いため、十分お気を付けください。

以上が、エポスカードを活用したキャッシュレス診断の手順です。今回は私の体験談をもとにタイでの手順を書きましたが、国が違っても基本的に手順は同じです。

海外旅行でも病気やケガはできれば避けたいものですが、しかし、事前に対策することは可能です。エポスカードという安心を持って、タイ旅行を楽しみましょう!

 

自動付帯/キャッシュレス診断
エポスカード,海外旅行保険,自動付帯,キャッシュレス,おすすめ
 

豆知識「エポスゴールドカードだと補償額アップ!」

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯されますから、持っているだけで海外旅行好きにはメリットのあるクレジットカードです。

年会費が無料ですから、サブカードとして一切使わなくても問題ありません。

しかし、実はエポスカードの上級資格であるエポスゴールドカードは、意外と簡単に昇格することができます。私や友だちの経験談ですが、年50万円以上の支払いをエポスカードですると、翌月に招待状が届きます。

招待状(インビテーション)からエポスゴールドカードへアップグレードすると、なんと年会費永年無料です(お申込みでエポスゴールドカードに契約した場合は年会費5,000円)。

 

エポスゴールドカード

私も上の写真のように、エポスカードからエポスゴールドカードへ昇格しました。

エポスゴールドカードのメリットは、海外旅行保険の補償額がアップすることです。海外旅行保険の補償額は大きければ大きいほど安心ですから、ぜひエポスゴールドカードへの昇格に挑戦されてみてください。

ちなみに、エポスゴールドカードなら日本全国の特定空港ラウンジが無料で使えます。

海外旅行保険が自動付帯されて、かつキャッシュレス診断が年会費無料で受けられるクレジットカードは、エポスカードおよびエポスゴールドカード以外に考えられません。

これからタイ・バンコク旅行へ行かれるならば、この機会にぜひお申込みされてみませんか?

 

まとめ

タイでエポスカードのキャッシュレス診断を活用するには、まずタイ窓口:001-800-814-5147(日本人オペレーター)へ電話を入れる。その後にキャッシュレス診断可能な近くの病院を確認。指定病院には必ずエポスカードとパスポートを持っていく。必要であれば、日本語通訳を呼んでもらう。「エポスカード」の補償額はかなり大きいが、エポスゴールドカードに昇格するとさらに安心である。昇格するためには、年50万円以上をエポスカードで支払えばOK。

Next ➨:海外旅行保険の記事一覧

タイ旅行ではどの海外旅行保険に加入すべき?おすすめは?: ← Pick Up!

ホテル予約サイトでバンコクの人気ホテルを確認!


↓バンコク旅行が初めての方にも分かりやすく、旅行準備・格安航空券・大人気ホテル・観光名所・おすすめレストランなどを詳しくまとめています。

※下の赤いボタンをクリックして、「バンコク旅行情報」を今すぐ確認!