おすすめのタイバーツ両替方法を最もレートがお得な順に紹介します

バンコク旅行で最も気にされるのが「タイバーツ」への両替かもしれません。バンコクのスワンナプーム空港やドンムアン空港で両替するとレートが悪いですし、かと言ってバンコク市内の両替所まで一切両替しないわけにもいきませんね。そこで活躍するのが、レートもお得な他の両替方法です。

それでは、おすすめな両替方法を一挙に大公開します!

 

バンコクの空港と市内ではどちらがお得に両替できる?

日本人旅行者の多くがバンコクへ旅行に行かれる際、日本円からタイバーツの両替を日本の空港やバンコクの空港で行うとお聞きします。

しかし、実は空港での両替は一般的に手数料がかなり高額なため、損をすることがほとんどです。

特にタイ現地でタイバーツへ両替するのに比べて、日本国内の空港でタイバーツへ両替してしまうと手数料がかなり高くなってしまいます。

では、バンコクのスワンナプーム空港やドンムアン空港はどうかと言えば、日本国内の空港よりは手数料が安いですが、事実としてバンコク市内に比べると残念ながらやはり手数料が高いです。

そのため私は、スワンナプーム空港ではバンコク市内までの移動費などの少額を両替し、それ以外はバンコク市内のお得な両替所で一気に両替するか、または下で詳しく書いているその他の方法でタイバーツを両替しています。

※特にタイバーツへの両替が「高額(10万円以上など)」になればなるほど、お得な両替方法を使わなければかなり損をしてしまうことになりかねません。

 

バンコク市内のおすすめ両替所

なお、以前の記事でバンコク市内で最もレートがお得な両替所をエリア別に4つまとめてみました。

バンコク旅行が初心者の方でも行きやすいように、全てBTSの駅(ナナ駅・アソーク駅・サイアム駅・サラデーン駅)から徒歩圏内の両替所を選んでいます。

下の記事も、あわせてご参考にされてください。

 

タイ旅行好きにおすすめ
海外旅行保険,エポスカード,クレジットカード

ATMの海外キャッシングという選択肢

私はバンコクに旅行と出張を含め、年に10回以上は訪れています。いつもスワンナプーム空港に降り立つのですが、多くの場合、空港の両替所は使わずにATMで海外キャッシングをしますね。

スワンナプーム空港とドンムアン空港の到着ゲートを出てすぐにATMがありますし、またバンコク市内(タイ全土)のいたるとこにATMはあります。

さらに、タイにあるATMのほとんどが日本語に対応していますから安心です。

ATMを使った海外キャッシングと言うと、かなり手数料が高そうなイメージがあるかと思いますが、意外とそうでもありません。むしろ、下に挙げているようにメリットの方が多いくらいですね。

これらのメリットをご覧になれば、ATMを使った海外キャッシングをタイバーツ両替方法の1つとして選択したくなるはずです。

 

メリット①「空港到着後すぐにタイバーツを下ろせる」

1つ目のメリットは、上でも書いたようにバンコクの空港に着いて、すぐにタイバーツを引き出せることです。私は空港に着いてコンビニで水を買ったり、またもちろん移動にタクシーを使ったりするので、タイバーツがすぐに必要です。

なおATMの海外キャッシングって、現地の通貨(タイならタイバーツ)で現金を引き出せますから便利ですよね。

 

メリット②「キャッシング利息をゼロにできる」

クレジットカードでATMの海外キャッシングをすると、あくまでも借り入れになるため利息が発生します。しかし、下で詳しく書いている外貨両替専用キャッシングカードであれば、利息の支配は一切不要(つまりタダ)です。

今すぐ詳細はが知りたい方は、「外貨両替専用キャッシングカード」をクリックするとその項目にすぐに飛びます(※ただし、クレジットカードでも繰り上げ返済を行えば、利息をかなり低く抑えることが可能ですので、このまま記事を読み進めて両方を比較されることをおすすめします)。

 

メリット③「現金不足や紛失時のトラブル対策として使える」

バンコク旅行で心配なのが、万が一のトラブルですね。特に初めての海外旅行ならばなおさらです。クレジットカードや外貨両替専用のキャッシングカードを持つメリットは、現金不足や紛失時などの不測の事態に大変役に立つことです。

現金とは別々(例えば、ホテルのキャリーバッグ)に第2の現金として保管しておけますので、もしものときのトラブル対策にもなりますね。

 

メリット④「海外旅行保険が自動付帯している」

最後にお伝えしたいメリットが、海外キャッシングにおすすめなクレジットカードには、「海外旅行保険」が自動付帯している点です。

つまり、これから行かれる海外旅行(バンコク・タイを含む)において、旅行代理店が提供する高額な海外旅行保険への加入が一切不要です。

下で詳しく書いていますが、補償額もかなり大きいため、万が一の病気やケガでも安心ですね。

 

海外キャッシングにおすすめなクレジットカード

バンコクや海外旅行先の空港に到着して真っ先に行う海外キャッシングですが、私は「エポスカード」というクレジットカードを活用しています(※現在はエポスゴールドカードに昇格)。

バンコク市内のATMでも現金が不足したときなども、同じようにエポスカードで海外キャッシングするのですが、タイのATMは日本語対応ですから、タイ語も英語さえも苦手な私には大変助かります。

エポスカードを海外旅行のメインカードとしている理由は、「海外キャッシングの利息を低く抑えることができる」ことを含めて以下の5つになります。

 

エポスカード,海外旅行保険,自動付帯,キャッシュレス,診断,おすすめ,クレジットカード

<エポスカード>

  1. 年会費永年無料
  2. 海外キャッシングの利息を抑えられる
  3. 海外旅行保険が自動付帯
  4. キャッシュレス診断可
  5. 補償額が大きい

 

私はバンコクへ旅行と出張をあわせて年10回以上行きますから、エポスカードは無くてならない存在ですね。では実際に、①と③について詳しく見ていくことにしましょう。

 

キャッシング利息を抑えることができる

まず最もお伝えしたいエポスカードのメリットが、海外キャッシング時の利息をかなり低く抑えることができることです。

海外(タイ)のATMでキャッシングすれば、当然、日本でキャッシングするのと同様に借り入れになりますから、どうしても海外キャッシング時の利息が発生します。しかし、エポスカードはPay-easy(ペイジー)という支払い方法に対応しているため「繰り上げ返済」が可能です。

つまり、通常30日分発生する利息を「最短15日に抑えることができる!」というわけですね。

 

一般的なクレジットカードで10万円を海外キャッシングをした場合

100,000円(キャッシング)×18%(実質年率)×30日(返済期間)÷365日(1年)= 約1,480円

 

エポスカードのPay-easy支払いを活用し、繰り上げ返済可能な最短日数(翌月10日)で繰り上げ返済すると、以下のように利息を低く抑えることが可能です。

エポスカードで10万円を海外キャッシングして繰り上げ返済した場合

100,000円(キャッシング)×18%(実質年率)×15日(返済期間)÷365日(1年)= 約740円

 

その差額「640円(半額!)」ですから、エポスカードだとお得に海外キャッシングが行えます(何度も海外旅行に行かれる方は、10万円分の海外キャッシングをする度に740円お得になりますね)。

なお、エポスカードで繰り上げ返済するためにはオンラインバンキングが必要ですが、例えば私も使っている「楽天銀行楽天,銀行,オンライン,バンク,繰り上げ返済,ペイジー」ならば口座開設費用&維持手数料が一切必要ありません(無料!)。

ちなみにタイ国内の日本語対応ATMや、エポスカードで海外キャッシングする方法は下の記事もご参考にされてください。

 

海外旅行保険が自動付帯している

エポスカードを持っておくメリットの2つ目が、「海外旅行保険」が自動付帯される点です。利用付帯ではなく自動付帯ですから、エポスカードを所持しているだけで海外旅行保険を適用してくれます。

補償額も年会費無料にも関わらず、下の表の通りかなり大きいです。

 

エポスカード「補償額表(海外)」
 年会費  無料!
 付帯条件  自動付帯(出国から最大90日間)
 引受保険会社  三井住友海上火災保険株式会社
 死亡・後遺障害  500万円
 傷害治療費用  200万円
 疾病治療費用  270万円
 賠償責任  2,000万円 
 携行品損害  20万円

特に、損害治療費用(ケガ)と疾患治療費用(病気)の補償額が大きいのは大変助かります。

また、嬉しいことに「キャッシュレス診断」に対応していますので、万が一の病気やケガの際に病院へ行っても、医療費を立て替える必要が一切ありません(現金不要!)。

エポスカードを含め、海外旅行保険付きクレジットカードの詳細は、下の記事もあわせてご参考にされてください。

※個人用の海外旅行保険付きクレジットカードの他に、お子様や奥様の海外旅行保険が自動付帯される家族特約付きクレジットカードについても詳しくご紹介しています。

 

デメリット

これだけおすすめしているエポスカードですが、デメリットも包み隠さずお伝えします。それは、クレジットカード払いの際の還元率が低い(0.5%)ということです。ですからポイントを気にされる方は、年会費無料ですので海外キャッシング専用として割り切った使い方をされた方が良いかもしれません。

また、クレジットカードですから高校生や大学生は審査に通らない可能性もあります(一般的なクレジットカードよりは審査は緩いです)。そう言った方は、次の項でご紹介している「マネパカード」をご活用ください。

エポスカード(EPOS CARD)

 

バンコクの大人気ホテル

外貨両替専用としておすすめのキャッシュカード

次にご紹介したい海外ATMでのキャッシング方法が、外貨両替専用のキャッシュカードである「マネパカード」を活用する方法です。

マネパカードはクレジットカード同様にATMでの海外キャッシングができます。しかし最大のメリットとして、クレジットカード以上にお得に海外キャッシングできるところが魅力です。

その他にも、マネパカードには下のような5つのメリットがありますね。

 

マネパカード,外貨,両替,キャッシュ,カード,おすすめ

<マネパカード>

  1. 年会費永年無料
  2. 海外キャッシングの利息がゼロ
  3. 為替手数料が安い
  4. 与信審査なし
  5. デビットカードとして使える

 

またクレジットカードとは違いますので、特に大学生や主婦の方にもおすすめしたい外貨両替専用のキャッシュカードです。

下では、特にお伝えしたい②と④のメリットについて詳しくご紹介していきますね。

 

キャッシング利息がゼロ(無料!)

マネパカードを使う最大のメリットが、キャッシング時の利息がゼロ(つまり無料!)です。

クレジットカードは、上のエポスカードの項でご説明した通りキャッシングに「利息」が発生します。これはキャッシングが、あくまでも借り入れになってしまうからですね。

また、キャッシングした際に発生する「為替手数料」も、一般的なクレジットカードの半額に抑えることができます。

 

特にタイ以外に、アメリカを含む米ドルが使える国へ頻繁に行かれる方は、マネパカードを持っておくとかなりお得です。それは、マネパカードが米ドルなどマルチカレンシー(5種類の通貨)に対応しているからですね。

マネパカードの対応通貨は、米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドルの全5種類。海外旅行好きには全て馴染み深い通貨ですね。

 

15歳から申し込めて与信審査なし(高校生も可!)

次にご説明したいメリットが、クレジットカードではないためマネパカードは与信審査が一切ないところです。そのため、15歳から持つことができます。

つまりマネパカードは、デビットカードと同じようなプリペイド式のキャッシュカードというわけですね。大学生や高校生の初めてのバンコク旅行や初めての海外旅行(留学)に大活躍するキャッシュカードです。

また、万が一、旅行先で現金が不足しても、日本にいるご家族がお子様のマネパカードへ日本円を追加すれば、新たにキャッシングすることが可能です。もちろん本人が旅行先から日本国内の銀行のネットバンキングを活用して、マネパカードに日本円を追加することも可能です。

特にクレジットカードを持てない世代の方や、さまざまな国に海外旅行へ行かれる方におすすめしたい外貨両替専用のキャッシュカードです。

 

デメリット

マネパカードにも、やはりデメリットはあります。それはマネパカードの為替手数料がクレジットカードの半額とは言え、一般的なクレジットカードにはポイント還元があります。そのため使っているクレジットカードによっては、そのクレジットカードで海外キャッシングをした方がお得な場合がありますね。

また、クレジットカードと違って海外旅行保険が付帯されていません。ですから、海外旅行保険やお得な海外キャッシング(繰り上げ返済)を活用されたいならば、上でご紹介した「エポスカード」がおすすめです。

マネパカード(Manepa Card)

 

まとめ

タイバーツへの両替で空港の両替所を使うのは、レートが悪くて手数料が高いためおすすめしない。バンコク市内のおすすめ両替所を使うべき。他の選択肢として、ATMの海外キャッシングも「エポスカード」で繰り上げ返済をするか、利息がかからない外貨両替専用の「マネパカード」を利用するとお得である。またエポスカードには海外旅行保険が自動付帯しているため、保険代金も節約できる(年会費無料!)。

Next ➨:お得情報の記事一覧

海外旅行保険の家族特約が年会費初年度無料で自動付帯される最強のクレジットカード: ← Pick Up!

ホテル予約サイトでバンコクの人気ホテルを確認!


↓バンコク旅行が初めての方にも分かりやすく、旅行準備・格安航空券・大人気ホテル・観光名所・おすすめレストランなどを詳しくまとめています。

※下の赤いボタンをクリックして、「バンコク旅行情報」を今すぐ確認!